Home Link Contact
トップページ>>インプラント


 





携帯からも
ご覧いただけます。



 

 

インプラント治療って何?
インプラントとは、チタンで出来たボルト状の人工歯根です。
このインプラントを歯がない部分の顎の骨に埋め込みます。 2~6ヶ月後、周囲の骨と結合したのを確認し、その上に人工の歯をしっかりと固定し噛み合わせを回復する治療法です。
インプラントのメリットとデメリット
メリット ○両隣在歯を削らなくて済むので他の歯に負担をかけない。
○比較的手入れもしやすく審美性にすぐれる。
○自分の歯と同じくらいの力で噛むことができる。
デメリット ×比較的治療期間が長い。
×手術をうけなくてはならない。(1~2時間程度です)
治療のステップ
奥歯をなくし部分入れ歯でしか対応出来なくなってしまった場合、インプラントにより他の歯に負担をかけることなく自然の歯に近い噛み心地や審美性が得られるようになります。
①奥歯3本喪失の為に部分入れ歯でしか対応できません。   ②インプラント埋入後上部構造を装着しました。   ③6ヶ月後、人工歯をかぶせて噛めるようになりました。
料       金
1本 199,500円~(埋入時)
詳しくは担当医師またはスタッフにご相談下さい。
イ ン プ ラ ン ト 義 歯
総入れ歯は歯肉との吸着力で支えられています。その為どうしても自然の歯と比べると噛む力が弱く、味覚が落ちてしまうのです。しかし、インプラントを入れ歯の維持として利用することで小さくてガタつきがなく安定した入れ歯をつくることが出来ます。
インプラント義歯のメリットとデメリット
メリット ○義歯が動かない。違和感がない。
○通常の義歯に比べ、強い力で噛むことが出来る。
○食物が入れ歯と口腔粘膜の間に狭まることがない。
デメリット ×比較的治療期間が長い。
×手術をうけなくてはならない。
×支台となっている部分の手入れが必要である。
マグネットデンチャー
磁石を利用して入れ歯を固定する方法で、入れ歯を小さくすることが可能になり、装着感・安定感も良く長時間の使用に耐えることが出来ます。
①X線写真 ②取扱い方法やメンテナンスは簡単で、装着感も良好。
③治療後の口腔内です。 ④義歯の安定は改良されました。
インプラントは食事をしたり食いしばったりしても十分にその力に耐え、機能していくすばらしい人工物です。しかし、すべての場合にインプラントが出来るとは限りません。また、プラークコントロールが悪かったり噛み合わせがうまくいっていないと早期に悪くなることもあります。 長くもたせる為には定期的な健診を受けることが大切です。
Copyright © 2007 双木歯科医院 All Rights Reserved.